先輩部員より

部員からのメッセージ

宮本恵美 (農学部・3年・Vc)

11041322_624586654338808_680463837_n『大学から始めたチェロ』

私は大学に入ってからチェロを始めました。とても新鮮な気持ちで大学生活のスタートを切ることが出来ました。初めは不安もありましたが、友人や先輩、プロの方々など多くの人と関わり、日々の活動にやりがいを感じています。

九大フィルには、初心者が少なくありません。先輩が優しく丁寧に教えてくれるので、初心者でも楽しく演奏出来るようになります。クラシック音楽が好きな人、楽器に憧れている人、何か新しいことに挑戦してみたいという人、私たちと一緒に音楽を楽しんでみませんか?少しでも興味のある方は、是非一度九大フィルの演奏を聞きにお越し下さい!

皆さんと一緒に演奏出来るのを心待ちにしています!

 

臼井悠樹 (文学部・3年・Hr)

11079134_624586824338791_1613791950_n「フィルとバイト・勉強の両立!」

九大フィルはとても活発なサークルです。「あまり忙しいのはちょっと…」という人もいるのではないでしょうか。確かに練習はとても大変ですが、多くの団員は勉強やアルバイトとうまく両立しています。学部トップクラスの成績を叩き出している人や、飲食店のアルバイトに明け暮れている人もいますが、そんな団員も楽器のレベルはとても高く、フィルに欠かせない存在となっています。

かく言う私は、毎日片道2時間半かけて伊都に通いつつ、正規練習に参加し、週2日でバイトに入り、その他の日は勉強にあてる、という生活を一年間続けてきました。それでも楽器は上達し、学校でも満足のいく成績が取れています。

不安もあると思いますが、両立したいという気持ちがあれば大丈夫です。オーケストラに少しでも興味のある方、ぜひ見学に来てみてください!待っています!

 

大塚菜央 (西南大学・3年・Fl)

11040323_624727104324763_2109823265_n「他大生も入部できます!」

私は西南生です。特に授業がある時は伊都までの移動がかなり大変ですが、フィルでは私と同じように他大学から通っている人もいるため、それほど苦に思うことはありません。色々な大学の授業話等が聞けますし、様々な性格の人がいるのでとても面白いです。また、他大学生同士で飲み会を行ったりご飯を食べに行くこともあります。少人数だからこそじっくり話をすることが出来ます。楽器が違えばお互いの楽器事情などを聞いたりもします。

演奏面だけでなく、定演などでの運営面に関しても学びの多いサークルです。大変なこともありますが周りにいる先輩方や同回生がきちんと支えてくれます。

初心者やブランクのある人でも先輩方がアドバイスを下さいます。部内発表会では他の楽器同士でのアンサンブルが出来ますし、聴くことも出来るのでとても楽しいですよ。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

柴田明枝 (芸術工学部・4年・Cb)

11079769_624586431005497_995071761_n「芸工生も大歓迎!」

私は芸術工学部に在籍していますが、両親が九大フィルに所属していた縁もあり、芸工オケと悩みましたが、九大フィルの方に入部することを決めました。大橋から伊都まで通うことは容易いことではないです。しかしその代わりに、芸工の友人とは別にかけがえのない仲間にも出会えました。

九大フィルと芸工オケはそれぞれに特色があります。半年間かけて曲に集中しやり込んでいく中で演奏のスキルアップを目指すのが九大フィル、学部の特色を生かし、オーケストラを通じて様々な試みを行うのが芸工オケだと私は思っています。違いはたくさんあるので是非比べてみてください。また、私の両親は今でもオーケストラ活動を行っています。2人とも経験者ではなかったそうですが、大学で練習を頑張った思い出が忘れられず今も続けているようです。また、社会人になっても、先輩たちが立ち上げたオーケストラがたくさんあり、楽器を続ける環境も整っています。

九大フィルは決して楽なサークルとは言えませんが、将来にも残る大切な経験ができる場所だと思っています。私も今はコントラバスパート首席として、パートをがんばって引っ張っています。私たちと一緒に演奏を楽しみませんか?入部お待ちしています!